忍者ブログ
銅版画による色彩の研究と、アートを通した心豊かな暮らしを提案するために版画を制作しています。
[296]  [295]  [294]  [293]  [292]  [291]  [290]  [289]  [288]  [287]  [286
「菓子百花其の弐」で美味しくて綺麗なお菓子を作ってくれたのと、その制作途中の写真を戴いた(はずでしたが、、、)お礼に松涛園さんにお邪魔してきました。
本当に作っていただいたお菓子が綺麗で感動したのです。

松涛園さんは倉敷の玉島でちょっと分かりづらい所に有りますが、岡山の方でも名前を聞くほど有名な老舗の和菓子屋さんです。
特にお茶会や季節のイベントでは引っ張りだこ。

お礼に伺ったはずが、お返しにお菓子とお抹茶をご馳走になってしまいました。




二つとも残念ながら名前は分かりませんが、綺麗で上品な甘さのお菓子でした。
伝統的に残っているものはシンプルな造形の美しさがあって、生き残っていくだけの理由があるんだなぁと、妙に納得。
ご夫妻の職人魂に触れることが出来たのも嬉しいことでした。

その際伺ったのですが、菓子百花の模様が8日放送の山陽放送のVOICE21で流れるようです。

PR
<< 堀口華江 HOME 台風一過 >>
プロフィール
HN:
yusuke-okamura
年齢:
38
性別:
男性
誕生日:
1979/02/15
職業:
版画家
趣味:
大道芸
自己紹介:
銅版画による色彩の研究と、アートを通した心豊かな暮らしを提案するために版画を制作しています。
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリー
ブログ内検索
フリーエリア
バーコード
アーカイブ
アクセス解析
カウンター
忍者ブログ [PR]